FC2ブログ
2014. 05. 04  
映画や海外進出、NHKの自然ドキュメンタリーと大忙しだった福山雅治にとって全国ツアーは実に3年ぶり。

福岡ヤフオクドームには開場前から多くのファンが詰めかけ、グッズ売り場はもちろん、近くの飲食店やスーパーもどこもかしこも長蛇の列。
3年前も5月の連休だったけれど、ここまではなかったような。
特にトイレに並ぶ女性の皆さん、大変でしたね。

ポールのときもそうだったがアリーナ席でもステージから遠いのは変わらないし、初っ端からずっと立ちっぱなしはキツいので今回はスタンド席で観ることにした。
3塁側スタンド席はステージのほぼ真横で見えるかどうか心配したが左サイドからの福山が堪能できてよかった。

開演前に手渡されたペンライト(サイリウムというらしい)は曲ごとに色が変わり、それが一斉に光り動く光景は躍動的でときに幻想的、演出効果は抜群だった。
生まれて初めてペンライトを振る自分が少々気恥ずかしかったけれど。

セットリストはニューアルバムからの選曲が多く、自分にはなじみがなかったせいかやはり「虹」や「想」「明日の☆SHOW」そしてアンコールでやった「MELODY」を聴くと安心する。 

こう言っては多くのファンの方々からお叱りを受けるかもしれないが、昔の曲のほうがシンプルではあるけれどクオリティは高かったような気がするのは私だけだろうか。
それとも「Heart」や「遠くへ」「Good Luck」のような曲は若くてまだ野心があったからこそ書けたのか。

そうはいっても、年を重ねるたびにますます逞しく、歌も上手くなって、ユーモアたっぷりの余裕が感じられるステージを見て、ゆくゆくは加山雄三のような国民的歌手になるのではないかと感じた。

あの声とルックス、心に沁み入る曲の数々、明るくて健康的な佇まい、多くの人(女性)が惹かれるのは当然だ。


P1000892_convert_20140504112520.jpg

P1000893_convert_20140504112551.jpg

スポンサーサイト



2011. 05. 05  
福山雅治の今年のツアー『WE'RE BROS. TOUR 2011 THE LIVE BANG!!』 に行ってきました。

会場のマリンメッセ福岡は開場前から多くのファンがつめかけ、グッズ売り場は長蛇の列でごった返しの状態。
カップルや家族連れ(母親と息子の組み合わせがけっこう多い)、そして全国からの追っかけの方々に混じって年配の男性もいたりしてホッとする。
『龍馬伝』が幅広い年齢層に好感を与え、さらに多くのファンを獲得したことはまちがいない。
それでも観客のほとんどは女性、地響きでも起こすかのようなそのパワーに圧倒され、私も含め少数の男性はちょっと肩身が狭かった。

2月から始まった今回のツアーは震災で一時中断、その後節電、省エネルギーに配慮し、背景のセットを減らす代わりに「東日本応援シート」を作り、その収益を義援金とするなど内容を大きく変更して新たに再スタートしたものだ。

ライブが始まり何曲か演奏した後に震災の犠牲者への黙祷が捧げられ、その時だけはあれだけヒートアップしていた会場が水を打ったように静まりかえった瞬間だった。

ライブには欠かせないノリノリのロック・ナンバーからアコギ1本でしっとり聴かせる歌まで、3時間にも及ぶステージはあっという間に終わった。

カッコよさに加え、生真面目さと観客への気づかい
本当に気持ちの良い人の気持ちの良いライブでした。


P1000153_convert_20110505135755.jpg

P1000147_convert_20110505152840.jpg

P1000157_convert_20110505152907.jpg

P1000163_convert_20110505141658.jpg




2010. 12. 04  
石塊(いしくれ)とは「石ころ」のことだそうだ。
初めて知った、というか「石塊」という言葉自体知らなかった。

SIONとの久々のコラボによるこの曲は、ダンロップ・タイヤのCMソングとして使用され、最新アルバム『THE BEST BANG!!』に収録されている。

SIONの気骨のある歌詞と福山のメロディ、そしてアイリッシュテイストのサウンドが絶妙に溶け合い、カントリー・ロックのような男っぽい作品に仕上がっている。

これまでクールな役柄が多かった福山が『龍馬伝』で見せたのは、「泥にまみれ、涙を流し、鼻水を垂らし、よだれを垂らす」なりふりかまわない人間味あふれる一面だったが、この曲でも、地べたに這いつくばってでも生き抜こうとする男の心意気が伝わってきて、勇気づけられる。


初回限定版
初回限定版ジャケット

石塊のプライド

福山雅治&SION SORRY BABY
2010. 11. 23  
デビュー20周年を記念してリリースされた『THE BEST BANG!!』
本人選曲による3枚組のベストアルバム。

Amazonで購入した限定生産盤のジャケットには、生まれてから現在までの福山の写真が全面にコラージュされており、福山版サージェント・ペパーといったところか。
写真の1枚1枚にキャプションが付けられているが、1歳11ヵ月の写真には「西彼杵郡多良見町」とあり、彼が身近に感じられる。

ベスト盤とはいえ、新曲3曲が収められているほか、昔の曲も新たにトラックダウンされて今の音になって蘇っている。

今年は大河ドラマの主役を務めるという大仕事を見事に成し遂げた「ましゃ」
貴重な体験をして、ひと回り大きくなった彼の今後の活動が楽しみです。


THE+BEST+BANG!!_convert_20101123161124.jpg


2010. 08. 13  
予約していた新作シングル『蛍/少年』が届いた。

土曜ドラマ「美丘」の主題歌『蛍』と東芝 REGZAのCMソング『少年』のカプリング、さらに「アサヒスーパードライ」のCMソング『Revolution//Evolution』も収録されている。

初回限定版にもいくつか種類があって迷ったが、結局DVD付きにした。

故郷長崎で撮ったスッピン福山のジャケットもなかなか凛々しくてよろしい!

私も今日から帰省。
長崎に向かう車中ではずっと流れていることでしょう。



416Ra1eM55L__SS500__convert_20100813081313.jpg

「蛍」
「少年」
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索