FC2ブログ
2011. 08. 14  
ビートルズといえども、イマイチな曲はたくさんある。
公式発表曲だけでも213曲。
そのうち、ナンバー1ヒットが27曲(The Beatles1収録分)、その他トップ40に入った曲は数知れないほど。
当然のことながら他のアーティストに比べ曲に求められるハードルは高くなる。

ほとんどの曲がジョンとポールの手によるものなので、水準以下といわれる曲もこの二人のものが多い。
レノン=マッカートニーという強力なソングライター・チームがいたから、割り当てが少ない分、ジョージの曲はほとんどが水準以上のものだ(初めての自作「ドント・バザー・ミー」を除けば)。

だが、こういった話になると、なぜか分が悪いのはポールだ。
ジョンの場合、曲としての出来がイマイチでも「味がある」といった意味でそれなりの評価がされているのに対し、ポールの曲となると一般的な評価は厳しい。

たとえば、「エブリ・リトル・シング」「ホワット・ユー・アー・ドゥーイング」「テルミー・ホワット・ユー・シー」といったところだ。
奇しくも最初の2曲は『ビートルズ・フォーセール』という、これまた人気のないアルバムのB面収録曲である。

しかし、これらの曲もよく聴いてみると、けっこうメロディはポップだし、演奏面でもティンパニやクラベス、ギロといった珍しい楽器を使ったり、イントロがドラムソロだったりと、いろいろな工夫をしていて面白い。
ちなみに、「テルミー~」のアウトロのコーラス部分は、ビートルズ専門のインターネット・ラジオ局 Beatles-A-Ramaで合間のジングルとして使われていて、ビートルズらしい、とてもいい雰囲気を醸し出している。

「エニイタイム・アット・オール」や「ぼくが泣く」といった初期のジョンの曲と並んで愛すべき曲たちだ。


cover.jpg
来日45周年記念盤アナログ・シングル

Every Little Thing - (BEATLES FOR SALE) - (MONO Remastered 2009)
What You're Doing - (BEATLES FOR SALE) - (MONO Remastered 2009)
Tell Me What You See - (HELP!) - (MONO Remastered 2009)

スポンサーサイト



プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索