FC2ブログ
2012. 05. 26  
ロビン・ギブが亡くなった。
一時は昏睡状態から意識を取り戻し、回復の兆しをみせていただけに残念だ。
そして、訃報を伝えるメディアが触れているのは、案の定サタデイ・ナイト・フィーバーのことばかり。

ギブ兄弟のうち双子のロビンとモーリスが亡くなり、長男のバリーだけとなってビージーズもこれで永遠に封印された。
80年代にアイドルだった一番下の弟アンディもずっと前に30歳の若さで亡くなっている。

概してミュージシャンというものは長生きしない。
あの頃のグループでオリジナル・メンバー全員が生き残っているのは皆無に等しい。
ビートルズ、ビーチボーイズ、ストーンズ、ザ・フー、レッド・ツェッペリン、ウォーカー・ブラザーズ、モンキーズ・・・
そんな中でクリームの3人が生き残っているのは奇跡かも知れない。
そういう意味で2005年の再結成はファンにとって最高の贈り物だった。
奇しくも、ビージーズとクリームはあの悪名高きロバート・スティグウッド・オーガニゼイションの所属だった。
クリームのメンバーは、自分たちが過酷なツアーで稼いだ金をビージーズに注ぎ込んでいるとスティグウッドに抗議をしていたらしい。

そしてバンドというものは長続きしない。
バンドの解散の正しい(?)あり方はケンカ別れか死別だと言った人がいたが、そういう意味ではビートルズは正しかったのか。
ケンカ別れをし、メンバーの死亡により永遠に幕を下ろしたのだから。
それからいえば、「普通の女の子に戻りたい」は正しい解散ではなかったことになる
でも、スーちゃんは亡くなったのだからやっぱりキャンディーズも正しかったのか。

SOMETIMEも今年結成15周年を迎える。
幸いなことにこれまで全員病気もせず、体型も何とか持ちこたえている。
さすがに記憶力だけは年を重ねるごとに怪しくなってきてはいるが。
お互いにいろいろ不満はあるものの、妥協をし、我慢もしこれまで続けてこれた。
今後、20周年、25周年を迎えられるかどうかは誰にもわからないが、そんなことよりも今は全員で演奏ができる喜びをかみしめながら毎回のライブを楽しんでやるしかないかと考えている。

ロビンの魂よ安らかに。
Rest In Peace

0000013283.jpg





スポンサーサイト



プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索