FC2ブログ
2012. 09. 23  
2007年12月にロンドンで行われたレッド・ツェッペリンの一夜限りの再結成ライブの模様がいよいよDVD化される。
http://www.barks.jp/news/?id=1000083150

ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズのオリジナル・メンバーに故ジョン・ボーナムの息子ジェイソンを加えたラインナップでロンドンO2アリーナで行われたアトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンのトリビュート・コンサートにヘッド・ライナーとしてステージに立った時の映像だ。

"Celebration Day"(祭典の日)と名付けられたパッケージにはブルーレイ・DVDの映像とCDが収められ11月21日に発売予定となっている。

また、発売に先行して10月17日に全世界同時にプレミア上映されることも決定となった。
(熊本ではTOHOシネマズ はませんで上映予定)

このライブはYOU TUBEで断片を観ただけでも素晴らしいものだったことがわかるが、実際に当日の観客・メディアの評判も上々で、それだけに今回の発売は待ち望んでいたファンにとって最高の贈り物となった。

バンドのオフィシャル・ウェブ・サイトでは発売に先駆けた記者会見の全容を観ることができるが、年を取り往年のセックス・シンボルの面影は微塵もないロバート・プラントと白髪のジミー・ペイジに対し、ひとり若々しいジョン・ポール・ジョーンズが印象的だ。


20071211_444518_convert_20120923144919.jpg
Led Zeppelin-Official Website
スポンサーサイト



2012. 09. 08  
先日放送されたBS-TBSの『SONG TO SOUL』ではスリー・ドッグ・ナイトの「喜びの世界」(Joy To The World )が取り上げられた。
選曲はいいものの内容的にいまいちの印象が強かった同番組だが、今回はメンバーのインタビューもふんだんに盛り込まれていてなかなか見ごたえがある内容だった。

3人のリード・シンガーと4人のバックミュージシャンという特異な編成、オリジナルにこだわるのではなく、埋もれたソングライターの曲を発掘し、ヒット曲に仕上げる選曲とアレンジのセンス。

スリー・ドッグ・ナイトは、カーペンターズ、エルトン・ジョン、CCR、ドーンといったヒット・メイカーらとともに70年代前半ヒットチャートの常連だった。

コリー・ウェルズはハンサムな顔立ちからは想像できないほどのソウルフルな歌を聴かせ、男っぽいダニー・ハットンはステージでは一番の盛り上げ役、チャック・ネグロンはロマンチックなバラードをしっとりと歌い上げる。
個性の異なる3人のシンガーが曲ごとにリード・ヴォーカルを代わり、また3人が一斉にコーラスをすると4番目の声になるという、これが彼らの最大の魅力だった。

3人はグループ結成前からそれぞれキャリアを積んだプロシンガーだったが、中でもダニー・ハットンはモンキーズのオーディションにも応募したことがあったのだそうだ。

"Three Dog Night" という奇妙なグループ名は「寒い夜は犬と寝て体を暖める。より寒い夜は2匹の犬と。もっと寒い夜は3匹の犬と。」というオーストラリアの古くからの言い伝えからとったものだという。

「トライ・ア・リトル・テンダネス」「ワン」「イーライズ・カミング」「ママ・トールド・ミー」「喜びの世界」「ライアー」「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」「ネヴァー・ビーン・トゥ・スペイン」「ブラック&ホワイト」「ピース・オブ・エイプリル」「シャンバラ」など、ヒット曲を数えれば枚挙にいとまがない。

その中でも最大のヒットといえば71年全米年間チャート1位を記録した「喜びの世界」だが、日本人が最も好んだのは同じく71年の大ヒット「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」だろう。

個人的には、コリー・ウェルズが圧倒的なヴォーカルを聴かせる「ネヴァー・ビーン・トゥ・スペイン」「「シャンバラ」、チャック・ネグロンが歌う繊細なバラード「ピース・オブ・エイプリル」、そして三人三様のヴォーカルが楽しめる「ファミリー・オブ・マン」が大の気に入りだ

70年代にあれほどの人気を誇った3DNも現在ではまったくといっていいほど取り上げられることはない。
グループ全盛期でさえ、日本ではそれほど人気があったわけではないビーチ・ボーイズが再評価される一方で、彼らのような素晴らしいグループがシングル志向ということだけで評価されないのはまったく残念なことだ。

今回の放送をきっかけに少しでも多くの人に彼らの素晴らしい音楽を聴いてもらいたい。



スリー/ドッグ/ナイト
前列左からダニー・ハットン、コリー・ウェルズ、チャック・ネグロン

THREE DOG NIGHT- "JOY TO THE WORLD"
An Old Fashioned Love Song/Three Dog Night
Three Dog Night Never Been To Spain
The Family of Man/Three Dog Night
Pieces of April - Three Dog Night
Shambala (1975) - Three Dog Night
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索