FC2ブログ
2014. 05. 04  
映画や海外進出、NHKの自然ドキュメンタリーと大忙しだった福山雅治にとって全国ツアーは実に3年ぶり。

福岡ヤフオクドームには開場前から多くのファンが詰めかけ、グッズ売り場はもちろん、近くの飲食店やスーパーもどこもかしこも長蛇の列。
3年前も5月の連休だったけれど、ここまではなかったような。
特にトイレに並ぶ女性の皆さん、大変でしたね。

ポールのときもそうだったがアリーナ席でもステージから遠いのは変わらないし、初っ端からずっと立ちっぱなしはキツいので今回はスタンド席で観ることにした。
3塁側スタンド席はステージのほぼ真横で見えるかどうか心配したが左サイドからの福山が堪能できてよかった。

開演前に手渡されたペンライト(サイリウムというらしい)は曲ごとに色が変わり、それが一斉に光り動く光景は躍動的でときに幻想的、演出効果は抜群だった。
生まれて初めてペンライトを振る自分が少々気恥ずかしかったけれど。

セットリストはニューアルバムからの選曲が多く、自分にはなじみがなかったせいかやはり「虹」や「想」「明日の☆SHOW」そしてアンコールでやった「MELODY」を聴くと安心する。 

こう言っては多くのファンの方々からお叱りを受けるかもしれないが、昔の曲のほうがシンプルではあるけれどクオリティは高かったような気がするのは私だけだろうか。
それとも「Heart」や「遠くへ」「Good Luck」のような曲は若くてまだ野心があったからこそ書けたのか。

そうはいっても、年を重ねるたびにますます逞しく、歌も上手くなって、ユーモアたっぷりの余裕が感じられるステージを見て、ゆくゆくは加山雄三のような国民的歌手になるのではないかと感じた。

あの声とルックス、心に沁み入る曲の数々、明るくて健康的な佇まい、多くの人(女性)が惹かれるのは当然だ。


P1000892_convert_20140504112520.jpg

P1000893_convert_20140504112551.jpg

スポンサーサイト



プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索