FC2ブログ
2014. 10. 26  
ジャック・ブルースが亡くなった。
http://time.com/3538924/cream-jack-bruce/
http://www.jackbruce.com/2008/default.htm

クリームを始めて聴いたのは中学2年のときだった。
そのころNHKで不定期に放映されていた『ヤング・ミュージック・ショー』は動くロック・スターを観ることができる唯一の番組であり、ビデオもない時代に、洋楽にとりつかれた我々は何一つ見逃すまいと、それこそテレビにかじりついて観たものだ。

たしか第1回目の放送はクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルで、クリームは2回目の放送だったと記憶している。
1968年のフェアウェル・コンサートでのクリームはその圧倒的なテクニックと迫力ある演奏で中学生の私たちを打ちのめした。
エリック・クラプトンの名前は聞いたことがあったが、あとの二人のことは初めて知った。
だが、そのバンドは3人全員がただものではなく、クラプトンだけがスーパースターではないことを教えてくれた。

友人はすぐに発売されたばかりの『ライブ・クリームVol2』を買い、それ以来、学校の帰りに友人の家に寄ってクリームを聴くのが習慣になった。

ジャック・ブルースは最高のベーシストというだけでなく、クリームのオリジナル曲のほとんどを書き、リード・ヴォーカルをとる文字通りのフロントマンだった。
最初はエリック・クラプトンのギターに惹かれた私もすぐにジャック・ブルースの迫力のあるヴォーカルにとりつかれた。
ライブでの「ホワイト・ルーム」のヴォーカルはまるでかみつくようだ。
「スプーンフル」や「アイム・ソー・グラッド」のようなブルース・ナンバーを歌うときも、いわゆるブルース・シンガーのそれではなくジャック独特のものだ。
本人は少年時代に聖歌隊で歌っていたころに覚えた腹式呼吸のおかげだといっている。
また「ローリン・アンド・タンブリン」で聴けるブルース・ハープのテクニックも素晴らしい。

しかし世間的にはクリームはエリック・クラプトンのバンドと認識された。
クリームのレコードのアメリカでの配給元であるアトランティック・レコードの会長アーメット・アーティガンでさえそう考えていたようだ。

2005年のクリームの再結成コンサートでのジャックは肝臓移植の後だということでかなり痩せていて、曲によっては椅子に座って演奏をしていて心配したが、以前と同様のベースの腕前と安定したヴォーカルを聴いてまだまだ大丈夫だと思った。

大好きなミュージシャンがいなくなる。
いつかはこういう日が来るとはわかっていたが、まさかこんなに早くその日が来ようとは。

ジョージ・ハリスンが亡くなったときジャックは心のこもった追悼の言葉を寄せた。
「さようなら、ジョージ。君がいなくてさびしい。」

ジャック・ブルースがいなくなった今まったく同じ気持だ。

We miss you Jack. Rest In Peace.

cream-eric-clapton-jack-bruce-ginger-baker-classic-rock-music-1.jpg

Jack Bruce Dead -- Cream bassist Jack Bruce Dies at 71 -- Jack Bruce RIP
Cream Bassist Jack Bruce Dies...CREAM # WHITE ROOM

 

スポンサーサイト



2014. 10. 04  
イギリスの女性シンガー・ソングライター、リンジー・ディ・ポールが1日亡くなった。64歳、死因は脳内出血とみられている。
http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-29457228

1972年の大ヒット「シュガー・ミー」を始め「恋のウー・アイ・ドゥ」など、英国のトップ20に5つのヒット曲を持ち、70年代当時は日本でも人気の女性シンガーだった。

ピアノを弾く女性シンガーでもキャロル・キングやカーリー・サイモンとは違う妖艶さを持ったリンジー・ディ・ポールは、当時中学生だった我々にとっては憧れの年上の女性というイメージだった。
楽曲の素晴らしさはもちろん、可愛らしい声とルックス、特に口元のホクロがまた色っぽかった。

あれだけの才能と美貌を持ったリンジーだが生涯結婚はしなかった。
それでもショーン・コネリーやダドリー・ムーア、リンゴ・スターなど有名人とのロマンスは絶えず、2007年のインタビューではジェームス・コバーンやアニマルズのベーシスト チャス・チャンドラーを含め5人からプロポーズを受けていたことを明かしている。

通勤の車で何気なしにかけた昔のCDから聴こえた「シュガー・ミー」に懐かしさを覚えたのはつい先日のことだった。

Rest In Peace Lynsey


linse2_convert_20141004092827.jpg
Lynsey De Paul - Sugar Me 1972
http://ro69.jp/news/detail/111025
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索