FC2ブログ
2014. 12. 16  
寒いのと雪道の危なっかしさがイヤで冬は苦手だが、それでもクリスマスに向かう季節の雰囲気は好きだ。
華やかに彩られた街と行き交う人々のおしゃれな佇まい、そして流れるクリスマスソングに心が躍る。

そういえば、先日観た『紙の月』でも讃美歌「あめのみつかいの」がテーマのように使われていたのがとても印象的で、今でもときどき頭の中で鳴っている。
クリスチャンでもないのになぜか厳粛な気持ちになって心が洗われるような気がしてくる。

洋楽でもクリスマス・ソングの名曲はたくさんあるが、この時期になると毎年聴きたくなるのが、1975年にEL&Pのグレッグ・レイクがソロ名義で発表した 「I Believe In Father Christmas (夢見るクリスマス)」だ。

この曲については、以前も書いたhttp://moodyguitar.blog96.fc2.com/blog-entry-43.htmlので詳しくは書かないが、当の本人も気に入っているらしく今でもライブで演奏している。

今回紹介する映像は、ロンドンのSt. Bride's Churchでの演奏で、フルートを吹いているのはジェスロ・タルのイアン・アンダーソン。
ブリティッシュ・プログレッシブ・ロックの重鎮二人がクリスマス・ソングを演奏する姿が微笑ましい。



スポンサーサイト



プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索