FC2ブログ
2015. 06. 19  
最初のビートルズ体験は1965年、姉がコロムビア社製の4つ足のステレオで毎日のようにかけていた 『4人はアイドル』 を聴いたときだ。

UKオリジナル盤の『HELP』と違って、東芝の『4人はアイドル』は見開きジャケットで、中には4人のサイン入りの写真と星加ルミ子さんのライナーノーツが印刷されていて、オマケに付けられた映画のオフショットのカラーポートレートとも相まって、とてもお買い得感があった。
表ジャケはオリジナルと同じだったが、裏ジャケはバハマの砂浜で4人が並んでいる写真が使われており、当時はこっちが表と勘違いされていて、レコード店でも裏ジャケを正面に並べられていた。

当時の東芝レコードのウリであったエバークリーンレコードという赤のオデオン盤は、ホコリがつきにくい加工がされている優れもので手入れがラクで大変ありがたいものだった。

小学2年の私には、当時の大人が言っていたような「女のような髪型をしたうるさい4人組」という印象が強かったが、流れてくる音楽は子供心にもどこか新鮮だった。

映画の挿入歌で占められたA面の水準が高いのは当然であろうが、B面も劣らず佳曲ぞろいだった。
「イエスタデイ」にときめくことはなかったが、ジョンが大嫌いだったという「イッツ・オンリー・ラブ」はジョンらしい寂しげな曲調が大好きで一時期は随分ハマったものだ。 
ポールの残念な曲と言われている 「テルミー・ホワット・ユー・シー」も捨てがたい味があって大好きな曲のひとつ。
ジョージの 「ユー・ライク・ミー・トゥ・マッチ」 はA面の 「アイ・ニード・ユー」とともにジョージ特有の甘さとさわやかさが混在していてジョンとポールの曲とは一味違う魅力があり、曲作りに関しても第1作 「ドント・バザー・ミー」と比べて格段の成長がうかがえる。

このアルバムは一般的には、中期(ラバーソウル、リボルバー)への過渡期という捉え方をされているが、自分にはこのアルバムだけがどの時期にも属さない孤高の存在のように感じられる。

沈んだトーンの前作 『ビートルズ・フォー・セール』 とは明るさとアカ抜けている点で全く違うし、『ラバーソウル』『リボルバー』のような凝った音作りまでは行っていない点でいい意味で軽い。

エレクトリック・ピアノがふんだんに使用され、ボンゴやギロ、クラベスなどがラテン風味を醸し出し、サロンにいるようなリラックスした雰囲気が全編に漂っている。
4人がスタジオにあった楽器を片っぱしから持ってきて自由に楽しんで作ったように感じられるのだ。

最初に聴いたのが洗練された『4人はアイドル』だったため、後で買った米キャピトル盤『MEET THE BEATLES』は暗く重たい印象だった。
「抱きしめたい」も「オール・マイラヴィング」も「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア 」もどれも初々しさに満ち溢れて初期の勢いを伝えてはいるものの、構成は単調であり、録音のせいか演奏もヴォーカルも荒さが目立ち、「ヘルプ」や「恋のアドバイス」のような複雑なコーラスや展開の面白さを知った耳には粗野に感じられた。

ビートルズの全貌を知り、『リボルバー』や『アビイロード』の素晴らしさを知ったあとでも、たまに『4人はアイドル』をかければ、家に帰ってきたような懐かしさと安心感に包まれる。
『4人はアイドル』は特別なアルバムなのである。



P1010528_convert_20150620110709.jpg

P1010538_convert_20150620111541.jpg

P1010542_convert_20150620112307.jpg

スポンサーサイト



プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索