FC2ブログ
2016. 10. 17  
前回ライヴの際、長年お世話になっているマルチエフェクター BOSS GT-8に不具合の兆候が現れた。
考えてみたら、購入後すでに9年を経過、家電と同様、故障が出る時期かもしれない。

ビートルズバンドのギタリストにとってマルチエフェクターは不可欠だ。
曲ごとに変わる音色、特に、リボルバーやサージェント・ペパーあたりのギターは本当に再現が難しい。一体何の機材を使っているんだろう?

また、あくまでも4人編成にこだわるSOMETIMEにおいては、後期の曲を演奏する際は、常に人手不足の状態で、ブラスやストリングスのパートもギターでやることもあり、シタールに至ってはマルチがないと絶対無理。
1曲の中で4つの音色を使い分けないといけない場合もある。

GT-8のパッチはPCにバックアップを取っているけれど、当の機材本体の調子が悪ければどうしようもない。
修理に出すにしても代車が必要となるわけで、今後のことも考えバックアップ機の購入を検討。

最新機種GT-100も興味がなかったわけではないが、GT-8のパッチが使えないとのこと。
これまで苦労して作り上げたパッチをまた一から作ることを考えると気が遠くなるので型落ちにはなるがGT-8と互換性のあるGT-10を購入することに。

すでに販売を終了しているので、中古をデジマ―トやヤフオクで当たった結果、状態が良さそうな美品を見つけすぐさま購入。

早速、バンドの音合わせで試したが評判どおりGT-8に比べ音質が向上したように感じる。特に、ディレイなどは空間的な拡がりが増し、自然な感じがする。
プリセットのパッチもそのまま使えそうなものが結構あり、今後はメインで使おうかと考えている。

ただ、残念なのは、音質・操作性だけでなくサイズ・重量も若干向上(?)して、持ち歩きがさらにキツくなったこと。
ギターとエフェクターを抱え、バスに乗って街中まで出るのは結構大変なんです。アマチュアバンドはつらいよ!


P1010953_convert_20161014055600.jpg
GT-10  GT-8に比べるとツマミ類が整理されていてスッキリ

P1010955_convert_20161014055633.jpg
GT-8   精悍なルックスでカッコよかったんだけど

スポンサーサイト



2016. 10. 14  
今朝のニュースはどのテレビ局でも「ボブ・ディラン ノーベル文学賞受賞」の話題で持ちきりだった。
そして、バックで流れるのは決まって「風に吹かれて」である。

果たして、ボブ・ディランと聞いて、「風に吹かれて」以外の曲が思い浮かぶ人ってどれくらいいるのだろうか?
世間的にはいまだにボブ・ディランはプロテスト・ソングの巨匠らしい。

そういえば、ジョン・レノンが撃たれたとき、ニュースで流れたのはお門ちがいの「イエスタデイ」だった。

書店では特設コーナーが設けられ、(今頃になって)詩集やバイオグラフィー本が飛ぶように売れ、日ごろ音楽とは無関係な雑誌でさえ特集を組むことだろう。

ディランの素晴らしさが広く世間に知られることは大変喜ばしいことだけれど、一方で、「時の人」的な存在に祭り上げられ、大衆に消費されたあげく一過性のブームに終わるのでは、と危惧もされ複雑な心境だ。

かつてのディランなら「ノーベル賞なんて!」と拒否もしただろうが、今やスタンダードまで歌う彼なら、はにかみながらも素直に賞を受けるんだろうな。

だから私も素直に言います。
Congratulations, Bob!

bobdylan10_convert_20161014211213.jpg

Like A Rolling Stone
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索