FC2ブログ
2015. 05. 23  
''Beatles For Sale'' は傑作ぞろいのビートルズのアルバムの中ではあまり人気がない。

アメリカ初上陸に始まり、ツアーと映画製作に明け暮れた1964年の12月にクリスマス商戦を狙ってリリースされたこのアルバムは、作曲に十分な時間が取れなかったため、全14曲中オリジナルは8曲、あとはカヴァーという内容。
全曲オリジナルで揃えられた前作''A Hard Day's Night'' と比べれば旗色が悪いのは仕方がないのかもしれない。

加えて、ビートルズらしいセンスのかけらも感じられない「売り出し中」というチープなタイトルも急場しのぎであわただしく制作されたことを自ら物語っているようにも思える。

それでも、''Beatles For Sale ''はマイ・フェイバリット・アルバムだ。
いきなりヴォーカルで始まる' No Reply' から 'Baby's In Black' までの流れは何度聴いても素晴らしく、ジョンの寂しさを湛えたメロディラインと内省的な歌詞は、沈んだ雰囲気のカヴァー写真とも相まってアルバム全体に統一感をもたらしている。

ジョンはチャック・ベリー、ポールはリトル・リチャード、ジョージはカール・パーキンスと、それぞれのアイドルのカヴァーはいずれも1~2テイクで収録完了となっており、そのライブ感は圧巻だ。

また、ジョンが歌う 'Mr.Moonlight' のインパクトの強さは、ドクター・フィールグッド&インターンズのオリジナルをはるかに凌いでおり、'Twist&Shout' と並んでビートルズのオリジナルと勘違いされている曲である。

以前に書いたが、ポールの残念な曲が2曲収録されているのもこのアルバムだ。
'Every Little Thing' と 'What You're Doing' はいろんな趣向を凝らしていて個人的には大好きな曲だが、何故ここまで評価が低いのか理解できない。

そして、大のお気に入りが 'I Don't Want To Spoil The Party' 。
カントリータッチのこの小曲は、恋人がパーティに来ないことにがっかりして帰る男を歌った「いつものジョンの強がり」の曲である。

アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターのイントロ、ジョンのリード・ヴォーカルとポールのハモリ、ポールとジョージのバック・コーラス、チェット・アトキンス風のギターソロ、アコースティック・ギターとエレクトリック・ギターのアウトロと、ビートルズの美味しいところがこれだけ詰め込まれた曲も珍しい。

ロカビリー色の強いこのアルバムには、やはりグレッチがよく似合う。
だから、''Beatles For Sale'' の曲を演奏するときはなるだけグレッチを使うようにしている。

ジョンとポールはわからないが、少なくともジョージはこのアルバム制作を楽しんだに違いないと思っている。


Beatlesforsale.jpg

76157257_o1.jpg
The Beatles - "I Don't Want To Spoil The Party" Stereo Remaster




スポンサーサイト



NEXT Entry
4人はアイドル
NEW Topics
夢みるクリスマスを
GT-10登場!
Congratulations, Bob!
キース・エマーソンを悼む
キス・ユー・オール・オーバー( Kiss You All Over )
Comment
カヴァー曲他
カヴァー曲他

 今晩は。LIFEです。
 ビートルズのカヴァー曲で一番好きなのは、“ROCK AND ROLL MUSIC”(チャック・ベリーのカヴァー)です。日本ではシングルカットされて大ヒットしたそうですね。
 次が、マーヴェレッツの“PLEASE MISTER POSTMAN”。若しかして、最初聴いたときは、ビートルズの曲だと思っていたのかも知れません。リスナーを魅了させる曲です。
 他にも、ジョンのヴォーカルが光る“MR.MOONLIGHT”や、“ROLL OVER BEETHOVEN”“DEVIL IN HER HEART”“BOYS”等がいいですね。

 書き落としましたが、“I'M A LOSER”も、ジョンのメランコリーが書かせた見事な曲だと思います。

 前にも紹介したかも知れませんが、下記のは、観ていて(聴いていて)嬉しくなります。

Elvis Presley - Little Sister/Get Back - Las Vegas Midnight Show 12.8.1970
https://www.youtube.com/watch?v=ICaEP68Rt5w
Re: 『Beatles For Sale』
LIFEさん、こんばんは。

私もカセットにお気に入りだけを入れて聴いていました。
結果、HELPの唯一騒々しい曲をまともに聴いたことはありません。
でも、『Beatles For Sale』のカヴァー曲はオリジナルと変わらないくらい違和感なく聴いていました。

『Beatles For Sale』
 今晩は。LIFEです。

 『Beatles For Sale』の、オリジナルの曲は、昔から殆どがお気に入りの曲です。
 「パーティーはそのままに」も、いい曲ですね。
 “No Reply”等を聴くと、ジョンのメランコリーは、ここでも素晴らしい楽曲に昇華されていると感じます。

 レコードの時代は、音質より利便性を選択し、カセットデッキを使ってテープに入れて聴いていました。お気に入りの曲、一定の傾向の曲をピックアップして聴いていたものです。
 『Beatles For Sale』の、オリジナルの曲も、カヴァー曲は外して聴いていました。
 他には、洗練されたサウンドになった『HELP』の、カヴァー曲(唯一騒々しい曲)と、タイトル曲以外のを入れて、聴いたりしていました。
 このアルバムにも、ジョンが「埋め草」で、好きではないと述べている曲も収録されていますが、私には、どの曲も夫々チャームを有していると感じました。

                    LIFE
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索