FC2ブログ
2007. 08. 11  
洋楽を聴き始めた1971年は今考えても最良の時だった。
BS&T、シカゴ、グランド・ファンク・レイルロード、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリンなどビッグネームが次々に来日し、この国でもロックが本格的に活況を帯びてきた年である。

レコードもシングル盤からLPへと志向が移ってきた時期であるが、ヒットチャートをみると、ビートルズの4人、ビージーズ、スリー・ドッグ・ナイト、シカゴ、ショッキング・ブルー、ドーン、エルトン・ジョンなど、いわゆるヒット・ポップスとアルバム・アーティストの曲が同居していて実にバラエティに富んで面白い時期だったと思う。

その頃、スリー・ドッグ・ナイトとともにチャートの常連だったバンドが、CCR(クリ-デンス・クリアウォーター・リバイバル)である。
シンプルなコード進行、ジョン・フォガティのストレートで男臭いボーカル、正にピュアR&Rだった。

そのCCRの日本での最大のヒット曲が「雨を見たかい」(Have You Ever Seen The Rain)である。
キーボードをフィーチャーした沈んだサウンドに乗っかってくるフォガティの哀愁を帯びたボーカルは日本人が好むところであろう。

また、この曲で英語の現在完了形を覚えた中学生は私だけではないはずだ。

このシングル盤を買ってからずっと引っかかっていたことがある。
「晴れた日に降る雨(the rain comin' down a sunny day)」とは何なのか。

それがベトナム戦争で使われたナパーム弾であることを知ったのはつい最近のことだった。



CCR.jpg

スポンサーサイト



NEXT Entry
エルヴィス・プレスリーを偲んで
NEW Topics
夢みるクリスマスを
GT-10登場!
Congratulations, Bob!
キース・エマーソンを悼む
キス・ユー・オール・オーバー( Kiss You All Over )
Comment
Trackback

グレイテスト・ヒッツ:マイ・プリロガティ

ケヴィン以前・以後で大きく変化したブリですが(イメージ)以後のブリの扱われようが本当に??でもケヴィン以前のブリはカッコイイ。頑張って欲しいです!!PVの本数が多くて、内容盛りだくさんですね。ブリちゃん、可愛いしPVも凝っていて面白いものが多いのでお買い得感の
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索